じゅんさい物語について

みなさんは、じゅんさいについて、どんなイメージをお持ちでしょうか?

「料亭で酢の物などで出されるもの」「ヌメヌメの野菜」…?きれいな池沼でのみ育つじゅんさいは、全国的に生産量が少ない食材です。そのため、現在市場では外国産が主流。

数少ない国内生産地である、私たち秋田県三種町では、「日本特有の大切な食材を失ってはいけない」との思いから、町を挙げて「じゅんさい」を応援することにしました。

じゅんさいの歴史や栽培方法、そして調理方法や健康効果を知っていただき、じゅんさいの持つ食材としての魅力を感じていただけたらうれしく思います。

じゅんさい物語について
PRODUCTS
  • JGAP生じゅんさい
    100g 1袋 330円(税別)
    200g 1袋 650円(税別)
    500g 1袋 1,620円(税別)

  • インターネットでの購入が可能です。

    お求めはこちらから
[送料別途、クール便にてお届けします]
秋〜冬のじゅんさい
秋から冬にかけてご必要な場合も考えられます。
じゅんさいの収穫時期にはマッチしませんが、そのための瞬間冷凍する技術を持っており、「解凍生じゅんさい」をご提供することができます。
金額及び送料は、上記「生じゅんさい」と同じです。

秋田県の地域を元気にすること

NPO(特定非営利活動)法人 ぷるるんは、平成28年4月に、
秋田県の地域を元気にすることを主な目的として、秋田県三種町で生まれました。

会社案内